三大キャリアのメリットとデメリットの比較

三大きゃりあ 三大キャリア

 

三大キャリアのメリットとデメリットの比較

メリット

メリットは駅近の便利な所に店舗を構え、対面式でショップ店員がすべて対応してもらえることです。特に初めてスマホ契約する場合など分からない事や様々お勧めプランなど説明してもらえます。1か月/約8,000円で通話し放題。さらにスマホを割賦でで購入すると割賦が終わるまで追加されます。料金が高い分格安スマホのように繋がり難いや、スマホが故障した場合など修理が終るまで代替え機を貸して貰えます。格安スマホはこれは出来ません。
初めて契約する場合、あまり必要のないものを薦められて契約しないよう情報武装をして(多少のスマホの知識を得てから)スマホ契約することをお勧めいたします。
当初契約に必要なものは、クレジットカード・身分証明書(顔写真があるもの)・NMP(ナンバーポータビリティ)他社で契約していて乗り換える場合、の3点が必要になります。

当初 格安スマホの方が安いし格安スマホにしたいと思っても格安スマホと契約し難い一番の原因は「身分証明書」だと思います。
携帯ショップであればその場で身分証明書を撮影してもらって特に問題はありませんが、スマホを所有していない方は身分証明書の撮影が出来ない。
パソコンは持っていても撮影機能がないため、スマホを所有している知人に撮影してもらわなければなりません。知人に頼むのは嫌だ、格安スマホと契約して繋がらないのは困るという理由で駅近の携帯ショップで契約されると思います。

デメリット

デメリットは三大キャリアのスマホの料金が高いという事です。
携帯ショップで契約したその月だけ格安スマホの3倍の支払いで済むのであれば納得がいくと思います。しかし、一生 格安スマホの3倍の料金を払いつづける事になります。死ぬ前に解約も出来ませんから死んでからも払い続ける事になります。

駅近にあるお店はdocomo・au・SoftBankのお店は直営のショップではありません。全て代理店です。大手の企業でなく一般の企業ですから、店舗の家賃・店員のお給料など稼がなければなりません。お店の店員は様々なオプションやアクセサリーなど薦めますが、お客のためでなく代理店の売り上げに貢献するため頑張っています。

ただ一般の消費者にとってみればありがたいものではありませんね。

メリットとテメリットを比較して賢い選択をお勧めいたします。

タイトルとURLをコピーしました