過去のニユース②

[TOC]

2021年1月第4週

総務省の大臣が KDDI の料金プランは分かり難いとコメント

携帯電話大手のKDDIが発表した料金プランは、総務省の大臣は分かり難いとコメントした。スマホ料金は高すぎる、スマホ会社が値下げという事で1割位安くしても納得しないとコメントしていた。

docomoを始めSoftBankも従来の料金プランよりも5割以上安い料金プランを発表してきた。逆にスマホ会社は安値競争で共倒れするのではないかと危惧する位である。

現に格安スマホを運営する会社はかなりの危機感を感じている。この時点では、総務省の大臣が携帯会社に値下げ要求をして、スマホ料金が安くなったので大いに評価したい。

今回発表したKDDIの料金プランが分かり難いというコメントが分かり難い。まったく単純でKDDIでは月間データ容量20GBで税抜き2,480円とする新料金プランであり、かけ放題プランがないプランである。5分間かけ放題をつけると2,980円となりdocomoやSoftBankの料金プランと肩を並べる。

スマホユーザーは通話をほとんどしないユーザーもいる。その人たちにとっては500円安いのは魅力であるのは間違いない。

 

携帯各社の主要料金プラン
月間データ容量 20GB 月間データ容量 大容量
NTTドコモ(docomo) 2980円(1回5分以内国内通話かけ放題) 6550円(4G、60GB)
6650円(5G、無制限)
KDDI(au) 2480円(1回5分以内国内通話かけ放題は+500円) 6580円(無制限)
ソフトバンク(SoftBank) 2980円(1回5分以内通話かけ放題) 6580円(無制限)
楽天モバイル(RakutenMobile) 2980円(Rakuten Linkアプリで国内通話かけ放題) 2980円(無制限)

多くの格安スマホ会社がどのようなプランを打ち出すか大変興味がある。従来通りであれば大手キャリアの新プランに流れてしまうのは間違いない。

 

 

 

2021年1月第3週

令和3年 スマホ料金値下げの「春の陣」

携帯電話大手のKDDIも1月13日に月間データ容量20GBで税抜き2,480円とする新料金プランを3月に導入すると発表した。NTTドコモとSoftBankが同月に始めるプランより、1回5分以内の国内通話かけ放題がないが500円ほど安い。後発に発表した結果、他のキャリアより料金で500円安いのは通話はあまりしないユーザーには魅力のプランだ。

 

携帯各社の主要料金プラン
月間データ容量 20GB 月間データ容量 大容量
NTTドコモ(docomo) 2980円(1回5分以内国内通話かけ放題) 6550円(4G、60GB)
6650円(5G、無制限)
KDDI(au) 2480円 6580円(無制限)
ソフトバンク(SoftBank) 2980円(1回5分以内通話かけ放題) 6580円(無制限)
楽天モバイル(RakutenMobile) 2980円(Rakuten Linkアプリで国内通話かけ放題) 2980円(無制限)

大手三大キャリアの新プランの申し込みは全てネットでの申し込みである。楽天モバイルは店舗での申し込みも受け付けている。

現在大手キャリアを利用しているユーザーは、契約している携帯ショップでは申し込みができない。当然自動的に新プランに移行されることはない。自ら契約している携帯ショップに解約を申し込みネットで契約手続きをしなければ格安の新プランを利用する事ができない。

多くの格安スマホ会社がどのようなプランを打ち出すか大変興味がある。従来通りであれば大手キャリアの新プランに流れてしまうのは間違いない。

 

 

2021年1月第1.2週

令和3年の 楽天モバイル は正念場

楽天モバイルは「Rakuten UN-LIMID V」で4G・5Gで20GB 1年間2980円(当初1年間無料)及び通話し放題を発表した。当サイトは楽天モバイルを推奨しているが、その理由として特筆するのは1年後有料となるが、その1年後に解約しても解約手数料が無料。更にMNP手数料が無料。(スマホ会社から他社に乗り換える場合MNP手続きを依頼する場合MNP転出料として3000円かかる)

楽天モバイルは、先着300万回線までの申込とされているが、令和2年末までの申込は200万回線達成と発表している。1年足らずで200万回線の申込を得られのは立派と言える。

「日本のスマホは高すぎる」とテレビコマーシャルなどで派手に宣伝をしていたが、楽天モバイルは他の格安スマホ会社が料金に関して追随してくるのは想定していたのは間違いない。

天モバイルと同じような料金体系で発表してきたのは、docomoである。更にSoftBankが追随してきた。Auも同じような料金体系で発表するのは時間の問題だ。大手キャリアの手続きは全てネット申し込みとされている。ここで強みはSoftBankがLineモバイルを味方につけた事だ。スマホユーザーでLineはかなり普及しているため、Lineで申し込が出来るのは優位性がある。大手キャリアの申込は携帯ショップで店員に任せていれば全てが完了出来ていたが、ネットに関して苦手の人は格安プランの乗り換えは難しい。

携帯ショップは大手キュリアの直営でなく、大手キャリアと契約している一般企業の代理店である。大手キャリアと代理店の料金に対する取り分は、大手キャリアが6割 代理店が4割とされている。大手キャリアの格安プランは携帯ショップでは契約できない。

今年3月ころから大手キャリアの格安プランが開始されてくる。この時期に楽天モバイルと契約しているユーザーも大手キゃりアの格安プランを検討する人も出で来るのは間違いない。

通信品質を考えると、現在では楽天モバイルは大手キャリアには叶わない。問題はこの時点で楽天モバイルと契約しているユーザーが通信品質などで不満を持っていた場合、一機に乗り換えられてしまえ危険性を感じる。MNP転出料が無料や解約手数料の無料は裏目に出てしまう。楽天モバイルは大手キャリアに負けず頑張ってもらいたい。

 

2020年12月第5週

令和3年のスマホ 戦国時代

スクホに関しての令和3年は値下げ競争の戦国時代到来。織田信長はdocomoである事は誰もが疑いようがないが、明智光秀が現れて織田信長を倒すような会社が現れるのか興味深々であ。

そのdocomoがahamoという新プランを発表して値下げ競争に火をつけた。1か月4G・5Gの20GBで2980円は従来の常識では考えられない金額。全く従来の金額の半額以下である。当たり前であるが、料金を半額で販売するという事は、総務省の役人からスマホの料金に関して指導があったとしても企業倒産に陥る危険性のレベルである。もちろん、docomoはしたたかな戦略を考えており、その一つは全てネット申し込みである事である。

docomoショップは店頭販売でユーザーと契約しているが そのショップはdocomoと契約している代理店である。docomoと代理店の取り分はdocomoが6割、代理店が4割であり 今回ahamoの契約は全てネット契約で、日本中のdocomoショップは従来の顧客の流失は止まらず廃業する代理店も出てくるのは避けられない。代理店便りの販売をしていたdocomoは代理店を切り捨てる戦略である。

一方 docomoが1か月2980円で発表後 他のau・SoftBankも追随するのは想定内。想定通り令和2年の12月にSoftBankが対抗策を発表してきた。

SoftBankの新プランは、SoftBankの子会社になったLINEモバイルを利用しMVNOであったLINEモバイルをMNOで対応 通信品質を上げて対抗しようとするものである。LINEはすでに多くの人の利用実績があり、ネットに不慣れな人でもLINEは利用しやすいのでLINEで申し込みが出来るのはかなり優位性を感じる。

Auも令和3年2月に新プランを発表すると言う。いくつかの条件をもって発表すると思うが、料金に関しては2980円に落ち着くと思います。2980円は楽天モバイルが当初発表した料金だが、このままだと1年間無料などキャンペーンをやっているが、同一条件であれば通信品質が良いdocomoのahamoにユーザーが流れていくように思います。

<まとめ>
格安スマホ会社もこのままだと、大手キャリアにユーザーが移行してしまう。OCNモバイルONEはdocomoと同じNTTグループ。OCNモバイルONEや他の格安スマホ会社はどのようなプランを発表してまるのか。令和3年3月になって様々なスマホ会社が新プランを発表してくるのでそれを待って3月に乗り換えを検討するのがベストと考えます。

スマホは令和3年は値下げ競争で料金は下がるが、各々のスマホ会社の新プランに乗り換える必要があります。ただ問題は世の格安スマホは全体的に利用金が下がったとは言え、ご自身がプランの移行や乗り換えをしなければ自動的に料金形態が移行して料金が下がることはありません、

 

2020年12月第4週

Amazon Prime 会員 二重登録に疑問

当サイト運営の筆者ですが知らぬ間にAmazonに二重に登録されており、ビックリ!

何かのタイミングで私が知らぬ間に「Amazon Prime 会員」に二重に申請してしまったと思いますが、従来間違えて二重に申し込みをしようとするとメールアドレスで紐づいているので。すでに登録されいる場合・登録できないようになっています。思うにアカウントを変えて申し込みをしたものと思います。

二重に登録されているのが発覚したため、取り急ぎ1回目の登録を解約をしました。2回目登録の「Amazon Prime 会員」はPrimeビデオやAmazonで買い物をするとある程度以上の金額で注文すると送料が無料になるため、1回目の登録のみを残しました。

Amazonのサイトに直性アクセスしてみるとあなたは「Amazon Prime 会員」ではありません。と出ているので直接問合せを試みた。ここで迷ったのは、登録の画面はすぐに分かるところに記載されているが、解約をする画面がなかなか見つからない。苦労してして見つけましたが、電話対応はすでに終わっており、チャットでしか対応していない。毎月使ってもいないのに500円を払い続けなければいけないのは嫌なので、チャットは苦てであるが質問をした。

チヤットで質問をすると、現在使っているアカウントでなく自動引き落としされているアカウントを教えて欲しいと言われました。二重に申し込みをした記憶もなく当然アカントも分かりません。アカウントが分からないと解約できないので思いあたるアカウントを何件か送って欲しい言われ何件か送りました。何度かやり取りをして2時間ほどかかって何とか分かったようです。その間5人ほどのAmazonの担当者が変わりました。

<まとめ>
私自身それほど入力が得意ではありませんが、普通の人よりは入力に関しては優れていると思います。その私も解約するのに苦労しました。最近スマホを申し込みするのもネットで申し込みが増えていますが、今回の場合など遭遇してしまった時ネットに不慣れな人は、使ってもいなのに毎月500円を払い続ける事になってしまいます。このようなケースは私だけでなく、ネットを利用する場合誰にでも起こってきます。そんな時はチャット対応が増えてくると思いまが苦手だと思ってもチャレンジしてみて下さい。

Amazonに限らず、申し込みはすぐ出来る画面があるが解約の画面を見つけるのは苦労します。当初1か月無料のキャッフレーズは特に気を付けるべきです。他のサイトの場合当初1か月無料とあってもクレジットカードの登録をしていないので、1か月を過ぎて気にいらなければクレジットカードを登録しなければ問題ないですが、Amazonの場合買い物をするためにクレジットカードを登録しているので1か月のお試し期間で気に入らない場合、「いつでも解約できます」とありますが、解約の画面をみつけるのに苦労すると思います。

2020年12月第3週

郵便局においてあるチラシ 格安スマホの価格 がビックリ

郵便局にいったら格安スマホのチラシが置いてあったので興味があるので見てみた。

チラシにはIIJmioが格安スマホを展開している、シャープと富士通の2機種が掲載されていた。シャープの格安スマホ機種は「AQUOS sense3」で現在販売している前の機種である。

シャープのスマホは日本の機種で 日本では30%近いシェアもっている機種である。郵便局においてあるチラシの料金を見たら一括で買う場合、29,800円と記載されていた。

新機種の前の機種はなくなってしまっている格安スマホ会社が多いが、人気のある機種でまだ扱っている格安スマホ会社もある。

当サイトでも応援している「OCNモバイルONE」で現在も扱っているが、その料金は5,000円で 1/6 の料金である。情報の乏しい人が購入すると思うが 多少の価格の違いは

2020年12月2週

docomoの格安プランの ahamo スマホの価格破壊を予感

スマホのリーディングカンパニーのdocomoが ahamo という格安プランを発表した。スマホ業界にとっては激震が起きたと言っても過言ではない。一番打撃を受けるのは、楽天モバイルだろう。MVOになるために楽天は自前で基地局を作っている最中だ。来年夏ごろには、ほぼ基地局作りが完了とされている。しかも1年間は1か月料金の2980円を1年間無料というキャンペーンを実行中だ。

docomoの格安プランのahamoは楽天モバイルをターゲットにして、様々な条件を設定している。特筆すべきは契約は全てネットのみという事だ。街中で良く見るdocomoの携帯ショップはdocomoと契約している一般企業だ。従来はdocomoショップで契約するのが一般的だが今回はネット契約のみという事でdocomoショップに行っても契約はできない。

docomoショップで契約している1か月8000円位の料金は通信容量は80GBである。80GBを使いきるユーザーは頻繁に動画をみる人やゲームに夢中になる人で一般の人は80GBは使いきれない。ahamoで提供する20GBで十分である。シニアの方やネットに不慣れな人が20GBで十分なのに乗り換えができない。これはdocomoの戦略だ。全てのdocomoユーザーがahamoに乗り換えてしまったら売り上げが半減してしまう。docomoはそれも計算ずくだ。

今回ahamoとの契約はネットのみという事で、一般のdocomoショップでは契約できないため売り上げが半減する。近い将来淘汰されるのは間違いない。当サイトでもスマホの契約は携帯ショップでは契約してはいけないと提唱してきたが、全国の携帯ショップが淘汰される事までは想定できなかった。

楽天モバイルも当然だが、au・SoftBankもこのままではdocomoのahamoにシェアを奪われてしまう。対抗策のプランを打ち出してくると思うが我々ユーザーにとっては願ってもない事だ。

本日現在の ahamo・auのサブブランドのUQモバイル・SoftBankのサブブランドのY!モバイル・楽天モバイルの各種プランや料金設定をご紹介します。

競合比較 ahamo UQモバイル Y!モバイル  楽天モバイル
プラン名 スマホプランV シンプル20 UN-LIMIT V
税別月額 2.980円 3,980円 4,480円 2,980円
提供開始 2021年3月 2021年2月以降 2020年12月下旬 提供中
月間容量 20GB 20GB 楽天:無制限(10GB/日)au:5GB
制限速度 最大1Mbps 楽天:最大3Mbps au:最大1Mbps
通話料金 5分以内無料 20円/30秒 10分以内無料 アプリ利用で無料
通話定額 かけ放題:+1,000円 60分月:+500円 10分/回:+700円 非対応? 国際通話かけ放題あり
通信規格 5G/4G 4G 4G 5G/4G
契約場所 ネットのみ ネット/実店舗 ネット/実店舗 ネット/実店舗

この料金体系を見る限り ahamo の一人勝ちになってしまいます。他のキャリアも手をこまねいて見ているはずがありません。これから本当の価格競争が始まり我々ユーザーにとっては喜ばしい限りです。

 

2020年12月1週

スマホ選びに疲れたら、モニター参加でお小遣い稼ぎなどいかがでしょうか

ご紹介する ニールセン は世界100カ国以上で調査を行う消費者分析のリーディングカンパニーで運営しています。

スマートフォンモニターでは、みなさまが普段ご利用になっているWEBサイトやアプリケーションなどの ご使用状況を測定ソフトウェアを通して収集します。

収集された情報は、今後のスマートフォンのサービス向上などに役立たせていただきます。 みなさまのご協力がきっかけで、スマートフォンの画期的で便利なサービスが開発されるかもしれません。

モニター参加時にお客様情報(性別、年代等)をご登録いただきますが、以下の情報は取得しておりません。
・通話内容を実際に確認したり、録音することはございません。
・送受信されたテキストや画像の内容(ショッピングなどで入力された個人情報やクレジットカード番号など)を  検証、保存、記録することはございません。
・収集された情報は、匿名の集約された使用状況に関する情報として利用させていただきます。
・第三者に対しマーケティング目的でお客様の個人的な使用状況を報告したり、  個人情報を提供したりすることは一切ございません。

モニター登録後、アプリインストール、サインイン、プロファイルをインストール後は、 普段通りスマートフォンをご利用いただくだけで、初回のご継続時は1,200円、それ以降は毎月200円分の 謝礼をお支払いいたします。

・iPhoneをご利用中で18歳以上の方

登録、設定は簡単で、初期設定完了後は作業が不要です。 普段通りスマートフォンをご利用いただくだけで毎月謝礼がもらえるお得な企画です。

ご興味のある方下記バナーをクリックして参加して下さい。



2020年11月4週

スマホ選びに疲れたら、アンケートに答えてポイント稼ぎなどいかがでしょうか

・スキマ時間を有効に使いたい方
・新商品やサービスの情報を、誰よりも早く知りたい方
・世界的な企業に自分の想いを伝えたい方

16歳以上の日本在住者で、インターネット環境があれば、誰でも登録可能!
特に、ポイ活や副業の情報に敏感な30代以上の方にお勧め。

・アンケート1回あたりの謝礼ポイントが高め
・アンケート本数は少な目。「たまにお小遣い稼ぎしたい!」
「他のサービスを使ってて、サブにもうひとつ登録したい」という方におすすめ
・マンスリー抽選キャンペーンで、毎月10名様に5000ポイントプレゼント!



2020年11月3週

◆楽天モバイルのキャンペーンはどのようにして貰えるか

楽天モバイルの機種のシャープのAQUOS sense3 lite の機種購入とRakuten-UN-LIMITを申し込む場合、機種料金は23,619円でポイント還元が2万円とあるので、3,619円で購入できるのか問合わせしてみました。
気になったのは 条件としてト製品+プランセットの購入とあったのでプランセットがどういう内容なのか心配で問い合わせてみました。
ひどいサイトなどの場合、例えば追加プランなど使わないプランに加入し 月/1000円などの場合、2年で2万円になってしまいます。
そのご毎月1000円払いつづけるのはきついと思い問い合わせしました。

回答内容は文字通り、スマホ機種の購入とRakute-UN-LIMIに契約すれば、利用確認出来た段階で翌々月の月末にポイント還元されるそうです。

OCNモバイルONE 1円スマホ開始

OCNモバイルONEの機種料金はポイント還元で安くなるなどないので分かり易い。

2020年11月2週

◆光回線の 121,000円の大型キャンペーン本当にもらえるか

当サイトでもバナーで広告を掲載していますが、最大121,000円の還元をゲットするのには下記の条件があります。

■121,000円還元(①+②の合計)
①auひかりホーム(ずっとギガ得プラン)+ひかり電話+弊社指定プロバイダ(So-net)+弊社指定オプション(So-netオプション※)+即日申込=66,000円還元 ②auひかりスタートサポート最大30,000円還元+KDDIから最大25,000円還元(郵便為替)⇒55,000円還元

■90,000円還元(①+②の合計)
①auひかりマンション(お得プランA)+ひかり電話+弊社指定プロバイダ(So-net)+弊社指定オプション(So-netオプション※)+即日申込=45,000円還元②auひかりスタートサポート最大 30,000円還元+KDDIから15,000円還元(郵便為替)=45,000円還元

※カスペルスキー、安心サポート、えらべる倶楽部、インターネットサギウォール、住まいと暮らしの相談、らくらくバックアップ

《即日申込完了について》
「即日申込完了」が設定されているものに関しては、お問合せいただいた当日、もしくは1回目のお電話でお申し込みいただいた方限定です

ご興味のある方
お問い合わせをして当日申込み(電話問い合わせも条件含む)とあるが、「Soーnetオプション」など不要の場合どうなるかなど問い合わせをしてすぐ申込みはしないで様々な条件を聞いて検討してからwebで申し込んだ方が無難です。

2020年11月1週

◆楽天モバイル 2011年夏には日本全国の地域で繋がる基地局設置が終わると発表した

楽天モバイルは2026年まではau回線を借りて、その期間までに全て自社で5G(第五世帯)基地局の設置が終わるとしていたが、前倒しで2021年夏には自社の基地局設置が終わると発表した。これでMVOキャリアが1社増え4社になる。過当競争がおこりスマホ料金も下がって来ると思います。

スマホ交換保障プラスは損か得か(楽天モバイル)

破損・全損・水没・盗難・故障・紛失などしたときに 1か月/650円で年2回まで、連絡すれば翌日届けてくれるというサービス。
条件として手持ちの機種又は類似の機種に6000円で届けてくれるとの事。
悪さを考える人で10万円の機種が盗難したと連絡し 届けてもらった機種を転売すれば儲かると考える人はいるのではないでしょうか。
楽天モバイルの方でもそのような事の対抗策は考えていると思います。

2020年10月5週

◆Y!mobile・UQモバイル

ともに20GBプランを発表。NHKの朝の報道でも発表していた。スマホの料金に関して関心があるのが伺える。内容はY!mobileの場合20GBプランで 4,440円は2台目以降で1代目は 4,980円 で10分以内通話無料。UQモバイルは20GBプランで 3,980円無料通話無し。

Y!mobileでも10分無料を付けると 4,680円とほぼ同額になる。

OCNモバイルONE キャンペーンの1円スマホ販売が終了 

OCNモバイルONE はgoogle検索などの広告バナーで「1円スマホ」というキャッチフレーズで販売していましたが、1円スマホ販売は終了しました。
OCNモバイルONE はスマホ機種の調達力も優れていので、1円スマホは終了しましたが他の格安スマホサイトの機種料金より一般的に安いです。

 

2020年10月4週

◆ガラケーが終わるって本当?

2022年でガラケーが使えなくなる・廃止されるという、お知らせがありますが、それは「3G」しか使えない古い機種のみです。使えなくなるのは「3G(第三世帯)」で現在では4G及び5G(第五世帯)になっています。いまお使いになっているガラケーの機種で「4G対応」なのであれば、あと10年や15年は大丈夫です。

ガラケーを使い続けている理由は、「主に通話しかしないのでガラケーが一番便利」という方もいれば「スマホは難しそう」「スマホ料金は高い」など様々だと思います。

携帯会社のガラケーからスマホに切り替えるような案内が来ると思います。
切り替えようと思って契約している携帯会社に行ってはいけません。
いままでガラケーを使っていた方は、スマホの高機能は使いこなせないと思いますので、格安スマホで十分です。スマホ機種で無料の機種を扱っている格安スマホ会社もあります。
大手キャリアの金額と格安スマホの料金を比較すると、格安スマホは大手キャリアの1/3の料金です。
大手キャリアの料金が3倍でも契約した月のみであれば良いかもしれませんが、スマホは一生使い続けると思いますので、一生3倍の料金は計算すると膨大な違いになります。

格安スマホを契約しようと思った場合「安かろう・悪かろう」で繋がらないのではないかと不安を抱く人がいるようですが、格安スマホ会社はdocomoやauの回線を借りて運営しています。朝夕の混雑時に多少繋がり難い時もありますが、気にするほどではありません。

当サイトで人気の格安スマホ会社3社を紹介しています。3社以外に10社ほど人気の格安スマホ会社がありますが、紹介している3社は3社特有のサービスをしています。格安スマホ会社のサービスや料金などご自身にあった格安スマホ会社を選ぶことをお勧めいたします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました