格安スマホのメリットとデメリットの比較

格安スマホ

格安スマホのメリットとデメリットの比較

格安スマホのメリット

格安スマホのメリットは毎月の料金が格安ということです。三大キャリアは 1か月/約8,000円 ですが、3GBプランで 1,500円程度です。かけ放題という選択肢はありませんが、10分かけ放題・6分かけ放題などプランを追加しても 1か月/約2,500円 程度です。

スマホ契約は一生使い続けると思いますが、三大キャリアとの料金格差はを計算すると 1年間で 6万円ほどの差になってきます。料金形態もシンプルで自由にプランを選ぶことができます。途中解約しても違約金は発生いたしません。

格安スマホのデメリット 及び Q&A

1)格安スマホは朝夕の通勤時間やオフィス街の混雑時間には繋がり難いと聞いているが

それは本当です。しかし、貴方にお尋ねします。オフィス街で貴方はスマホを使う人でしょうか。朝夕の通勤時間帯で繋がり難い場合など、保存した音楽など聴くようにすればよいのではないでしょうか。一方でビジネスなどで使う場合は別ですが、その時間帯を1時間でもずらせば問題なく繋がります。

2)格安スマホはネットのみでしか契約できないと聞いているが

格安スマホも家電量販店などでも扱っています。主流はネット販売です。お問い合わせに関してもチャットが主流です。入力が不慣れな方はチョット面倒と感じるかもしれませんが、お問い合わせする内容を箇条書きで書いておいて、チャットでゆっくりでもかまわないので入力すれば応えてもらえます。携帯ショップで販売員に質問すればいろいろと答えてもらえますが、あまり必要としないオプションなど薦められ契約したが必要なかったなど後悔する事もありません。

3)ネットでの申し込みは、何が必要なのか

ネット申込みで必要なものは、クレジットカード・身分証明書(顔写真つきのもの)・MNP番号(他社から乗り換えの場合)
この中で新規で申し込みをする場合面倒なのは身分証明書です。ガラケーを持っている人の場合 自撮りで撮った画像を送れば問題ないと思いますが、新規で申し込みをする場合 スマホを持っている知人に撮影してもらって下さい。この3点が揃っていれば添付して申し込めば終了です。

4)三大キャリアから乗り換える場合、従来使っていたスマホを使いたいが 気を付けたい事は何か

SIMカードは、音声対応、SMS対応、データ対応(nanoSIM、microSIM、標準SIM)があります。サイズ等全く違いますので、三大キャリアでどのSIMを使っていたか確認して申し込んでください。SIMロックされているか否か、ロックされている場合契約していたキャリアでSIMフリーにしてもらって下さい。

5)SIMカードが届いたが、SIMカード交換は誰でもできるとあるが本当に問題ないのか

たしかに、簡単ですが初めての人には戸惑うのも当然と思います。スマホの右側に小さな〇があります。そこにPINを差し込めば、左図のようにSIMカードが出てきます。赤いものがSIMカードです。届いたSIMカードを差し替えて下さい。

タイトルとURLをコピーしました