docomo運営の資産運用

資産運用

docomo運営 資産運用

資産運用は下記の通り様々な種類があります。
不動産投資、株式投資、仮想通貨、先物取引、FXなどありますが、お金持ちの人は投資で儲けた人が多くいます。
一方で損をした人は投資で儲けた人以上に多くの人がいます。

短期で多くの儲けを考えるならハイリスク・ハイリターンの先物取引やFX等がお勧めです。しかし一般の人が大儲けを夢見てチャレンジすると逆に失敗するケースのほうが多いです。

ここで紹介する 資産運用はdocomoが運営する「THEO+docomo」です。

※詳細は下記の通りです。

■特徴
スマホで1万円からはじめるロボアドバイザーでおまかせ資産運用 THEO に、4つの便利な機能が追加されています。

・1. dポイントがたまっておトク!!

「THEO+ docomo」では、運用期間中、運用金額に応じてdポイントが貯まります。
ドコモの携帯回線をお持ちのお客さまは、毎月、月末の運用残高1万円につき
1.5ポイントのdポイントが貯まります。

・2. dカード(R)利用のおつり投資で、コツコツ投資*

dカードでのおつり積み立て機能を設定すれば、ショッピングの都度、設定した金額に対するおつり相当額**を
自動的に積み立て、運用することが可能。例えば、500円を基準額として設定したユーザーが、
dカード(R)で350円の買い物をした場合、500円を基準として差額の150円が「おつり」として積立されます。

3. ドコモ口座との連携で、資産の管理がカンタン、便利に

ドコモ口座に出金といった連携が可能になります。

*「後払い」機能によるTHEO口座への送金はできません。
また、ドコモ口座を毎月の積立口座として設定することはできません。

4. dアカウント(R)で簡単ログイン

dアカウント(R)とTHEOの連携で、面倒なログインを簡略化。
初期登録の申し込みも、運用開始後のログインもカンタン・スマートに行えます。

■お勧めポイント
ハイリターンの投資は怖いが、銀行に預けていても金利はほとんど「0」です。
dカードを持っていれば、知らぬ間にお金が増えてきます。
老後を見据えて銀行に貯金をしている方、銀行に貯金していても貯金額はふえません。

当サイトからのお勧め( 毎月1万円 定期積立 )

1)非正規で働いていて老後資金に不安を感じている方
2)定期預金で積み立てをしているが金利が安いので積み立てで不安を感じている方

大手キャリアから乗り換えて浮いたお金で「TEHO+docomo」で資産運用をお勧め
※老後資金など貯めようと思っても中々たまりません。「TEHO+docomo」なら知らぬ間に貯まってまいります。

知らぬ間に貯蓄されていく「TEHO+docomo」
①30歳/100万円を20年間契約したシュミレーション

定期預金と比べて見ると「TEHO docomo」の場合、100万円を頭金で預けて毎月1万円を積み立てて行った場合、
20年間で923万円になり定期預金の場合340万円で583万円の違いになります。

②30歳/100万円を15年間契約したシュミレーション

定期預金と比べると15年間で321万円の違い

docomo運営の資産運用 ノンリスク?

初めて資産運用を考えた場合、心配なのはdocomo運営の資産運用も元本割れのリスクがあることです。

どの投資手法においても言えることですが、預金等を除いて多かれ少なかれ元本割れのリスクは伴います。

いくら最新のアルゴリズムによる分散投資を行っても元本割れをしてしまう可能性もあるのです。
しかし、これはロボアドバイザーに限った話ではないので、極端に恐れることはありません。

長期投資をすれば必ず利益が出せるということではない、ということを頭に入れておけば十分です。

リスクを考え何もしない場合、10年後20年後を考えてみて下さい。docomo運営の資産運用は毎月1万円からでもできるので不安を感じたら止めれば良いです。何もやらなければリスクは無いですが、リターンもありません。シュミレーションからどのくらいリターンがあるか調べてある程度のリターンが期待できると思った場合ご自身の身のたけにあった資産運用を心掛けてはいかがでしょうか。

ご自身の老後資金資産運用としてご自身にあった様々なシュミリーションができます。
下記サイトに入ってご自身にあったシュミレーションをして見て下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました