スマホ契約はクレジットカード支払いが主流

クレジットカード

 

キャッシュレスの現代クレジットカードは必須です。スマホを契約する場合ほとんどのスマホ会社はクレジット支払いです。クレジットカードは便利な反面危険性を持ち合わせています

クレジットカードは便利な反面 危険性を持ち合わせているとは?

  1. webで検索していると、動画などのコンテンツか数万件あって当初1か月は無料・興味がなければいつでもキャンセルOKというキャッチフレーズで興味があるので申し込んでみました。申し込みには住所氏名は当然クレジットカード及び任意でパスワードを登録します。
    登録してみてみると全然興味がないコンテンツなのでキャンセルしようと試みたところ、キャンセルする場合、パスワードを入力して解約するのですがハスワードが違います。というメッセージが出て解約が出来ない。
    苦労してやっと解約できたのは数か月たってしまいました。当サイトを運営する筆者の実体験です。
    気が付いた事は、申し込みをするときには解約の画面を確認する事。パスワードを設定する場合必ず控える事。
  2.  webで通販を利用する場合、初回限定は実際の料金の1/10で販売しているものを見かけます。
    解約はいつでもokという事でとりあえず1/10の料金ならという事で購入してみた場合、その後よければ定期コースで3割引きという条件がついている場合が良くあります。
    販売する販売会社も1/10だけだと利益がでないので、定期コースに誘導しようといたします。
    トライアルで購入したものが本当に気に入ったもので定期購入なら問題がありませんが、気に入らなく解約しようとした場合ほとんどが、webでの解約です。
    クレジットカードで申し込んでいるのでうまく解約できなかった場合、自動的に引き落とされてしまいます。

特に気をつけたい事

  1. クレジットカードを取得したら、カードの裏面に自分の氏名を記入する事。記入されていれば盗難や紛失で他人に渡って引き落とされてもカード会社に保証してもらえます。
  2. カードを登録する際、ご自身の好きなパスワードを設定しますが、それは必ずそのパスワードを控えておく事
    店舗などでお買い物(少額の場合パスワード不要・サイン不要)やwebから買い物ができますがパスワードが必要です。
    買い物をした支払い内容がメールで届きますが、パスワードを忘れてしまった場合、その内容を見る事が出来ません。
    スマホ会社では絶対パスワードは教えてくれません。カードで使った支払い内容及び支払日がメールで届きますが、その日までに必ず入金しておく事。1回くらいその日に入金が出来なくてもカード停止になりませんが、何度かやってしまった場合、カードは使えなくなってしまいます。
    他のカード会社に申し込んでも審査は通りません。

    当初クレジットカードを手にしたい クレカ比較

    デパートやスーパーなどでもクレジットカードを契約するよう勧められます。デパートやスーパーがクレジットカードで買い物をしてもらった場合大きなメリットがあります。
    その理由は?

    1. デパートやスーパーでレジでクレジットカード払いの場合、レジを担当する社員はクレジット払いの場合お金勘定は必要ありません。
      今やレジの機械が優秀なためおつりを間違えることはありませんが、以前レジを担当する社員が手で数えておつりを渡していたころは数え間違いをしてかなり苦労したと聞いております。
      クレジットカードの場合現金を扱かわないのでその必要がありません。
    2. スーパーやデパートでクレジットで買い物をしてもらった場合、そのデータをビッグデータとして蓄積され、蓄積されてデータを分析する事によってマーケティングを展開するスーパーやデバートは大きなメリットがあります。
    3. スーパーやデパートでクレジットで買い物をした場合、購入したお店のポイントがつきます。クレジットカードで購入した消費者はポイントを集めようとしているため同じ店を利用します。
      これはそのお店にとって大きなメリットです。
    4. 一方で住友カードや楽天カードの場合そのようなメリットはほとんどありません。
      住友カードや楽天カードで購入された金額に対してポイントはつきますが、デパートやスーパーほどのメリットはありません。
      それなのにTVCMなどで楽天カードをPRする理由は別なところにあります。
      住友カードや楽天カードは本当のカード会社ではありません。住友カードや楽天カードの本当のカード会社は「JCB」や「MASTERCARD」「VISACARD」などです。
      楽天カードで買い物をした場合1回払いの場合手数料は付きません。金利が付くのは数回に分けて支払いをした場合です。その場合「年/15%」の金利が付きます。
      自動リボ払いを登録しておけば、1回払いとした場合でも支払い日に残高不足の場合、自動的にリボ払いをしてくれます。
    5. この金利が楽天カードの利益になります。JCBなどのカード会社の取り分は5%に決められています。これはユーザーから差し引く事を禁じています。住友カードや楽天カードは大手なのでカード会社からスーパーやデパートなどが発行するクレジットカードよりも高いマージンを得ています。
      また、たいていのカードは特に問題がなければ50万円のキヤッシング枠が設けられています。
      金利はその借り入れる金額によって違いますが、50万円の場合「年/18%」の金利になります。それに高い金額を借り入れる場合、給与支払い証明書なども必要です。
      「年/18%」と聞くと高いように聞こえますが、3回で返済した場合金利は¥22,500です。
    6. リボ払いやキャッシングは利用すべきではありませんが、何かあった時のために契約をしても良いのではと思います。楽天カードの場合、コンビニなどで楽天カードを使うと10ポイントがつくキャンペーンをやっている場合があります。ポイントも貯まってくると馬鹿になりません。
      最初の一枚は楽天カードがポイントがついてお買い物ができるなど便利と思います。
    7. 詳細に関しては楽天カードオフィシャルサイトで確認してください

     

コメント

タイトルとURLをコピーしました