docomoの格安プランahamo

他キャリア比較

docomoの格安プランの ahamo の1か月の料金がビックリ

スマホのリーディングカンパニーのdocomoが ahamo という格安プランを発表した。スマホ業界にとっては激震が起きたと言っても過言ではない。一番打撃を受けるのは、楽天モバイルだろう。MVOになるために楽天は自前で基地局を作っている最中だ。来年夏ごろには、ほぼ基地局作りが完了とされている。しかも1年間は1か月料金の2980円を1年間無料というキャンペーンを実行中だ。

docomoの格安プランのahamoは楽天モバイルをターゲットにして、様々な条件を設定している。特筆すべきは契約は全てネットのみという事だ。街中で良く見るdocomoの携帯ショップはdocomoと契約している一般企業だ。従来はdocomoショップで契約するのが一般的だが今回はネット契約のみという事でdocomoショップに行っても契約はできない。

docomoショップで契約している1か月8000円位の料金は通信容量は80GBである。80GBを使いきるユーザーは頻繁に動画をみる人やゲームに夢中になる人で一般の人は80GBは使いきれない。ahamoで提供する20GBで十分である。シニアの方やネットに不慣れな人が20GBで十分なのに乗り換えができない。これはdocomoの戦略だ。全てのdocomoユーザーがahamoに乗り換えてしまったら売り上げが半減してしまう。docomoはそれも計算ずくだ。

今回ahamoとの契約はネットのみという事で、一般のdocomoショップでは契約できないため売り上げが半減する。近い将来淘汰されるのは間違いない。当サイトでもスマホの契約は携帯ショップでは契約してはいけないと提唱してきたが、全国の携帯ショップが淘汰される事までは想定できなかった。

楽天モバイルも当然だが、au・SoftBankもこのままではdocomoのahamoにシェアを奪われてしまう。対抗策のプランを打ち出してくると思うが我々ユーザーにとっては願ってもない事だ。

本日現在の ahamo・auのサブブランドのUQモバイル・SoftBankのサブブランドのY!モバイル・楽天モバイルの各種プランや料金設定をご紹介します。

各スマホ会社の格安プラン比較

競合比較 ahamo UQモバイル Y!モバイル 楽天モバイル
プラン名 スマホプランV シンプル20 UN-LIMIT V
税別月額 2.980円 3,980円 4,480円 2,980円
提供開始 2021年3月 2021年2月以降 2020年12月下旬 提供中
月間容量 20GB 20GB 楽天:無制限(10GB/日)au:5GB
制限速度 最大1Mbps 楽天:最大3Mbps au:最大1Mbps
通話料金 5分以内無料 20円/30秒 10分以内無料 アプリ利用で無料
通話定額 かけ放題:+1,000円 60分月:+500円 10分/回:+700円 非対応? 国際通話かけ放題あり
通信規格 5G/4G 4G 4G 5G/4G
契約場所 ネットのみ ネット/実店舗 ネット/実店舗 ネット/実店舗

この料金体系を見る限り ahamo の一人勝ちになってしまいます。他のキャリアも手をこまねいて見ているはずがありません。これから本当の価格競争が始まり我々ユーザーにとっては喜ばしい限りです。

まとめ( スマホ格安プラン 比較 )

楽天モバイルが4G・5Gの20GBプランで1か月/2980円を発表した。総務省の通達のもとdocomoの格安プランahamoという格安プランが同じ料金体制で追随された。SoftBankも提携したLINEモバイルで同一 1か月/2980円の料金プランを発表した。SoftBankやdocomoのahamoはネットのみの契約である。SoftBankの強みのネット契約はLINEからとの事。LINEを使用しているネットユーザーであれば親しみのあるのでLINEからの申し込みは優位性を感じる。

auも近々同一の料金体制で発表するのは間違いない。いよいよ令和3年は総務省がスマホの料金低額化を唱えてきたが実現する年であるのは間違いない。

タイトルとURLをコピーしました